page Muishkin

ぺーじむいしゅきん−北海道十勝の原野より

CATEGORY | ARCHIVE | COMMENT | PROFILE | LINK | SEARCH 
#月イチあとり最終回(蠟燭づくり&味噌づくり)

原野を開かれたものにしたい、ということで自給自足をテーマに活動してきた<あとりの会>。
五年ぶりの出産〜新生児育児で主宰のわたしが準備・活動していくことが難しくなったため、月に一度というスタイルでの活動は三月で最後とし、今後は不定期で行うことになった。
本当は、わたしがいない時も原野さえあれば続けていける形が作れたら良かったのだけれど、結局最後までわたしが企画してメンバーの皆さんに来てもらうような形を崩すことができなかったので仕方ない。
二年間続けてきて、自分だけだったらやらなかったこともできたし、家を開放するということが日常のことになり、子どもたちの中にも「家に家族以外の人が来ること、色んな人と交わることが普通」という感覚が育ち、またわたし自身もしょっちゅう来てくれる人たちに対しては「家族じゃないけど、親戚の誰かみたいな、なんかちょっとそんな感じの人」というようなつながりを感じることができるようになり、それは首都圏育ちのわたしにとっては結構「おおっ」と思うようなことで、負担もあったがやってよかったと思っている。

「自給の実験」がテーマだったので、できると分かっていることをマニュアル通りにやるだけではなく、失敗もあったけれど、それも楽しかった。みなさん今までありがとうございました。

というわけで、二月、三月の写真。

IMG_1909.JPG
獣脂ろうそく。
最初は蜜蝋で作ろうと思っていたのだけれど、「せっかく自給の会なのだから、鹿の脂など原野で手に入るもので作ったらどうか」というOさんのアドバイスにより、鹿脂を使うことに。

IMG_1896.JPG
一月のあとりで抽出した鹿脂。この状態にするのがとても大変だった。

IMG_1901.JPG
ディッピング(浸す)で作る昔ながらの蠟燭…と思ったのだけれど、蜜蝋のように固まる温度が高くない(とても空気が冷えていないと固まらない)ので、浸す→引き上げる(冷えるまで待つがちょっと柔らかい…)→浸す(また溶けちゃう?!)の繰り返しでなかなか固まらない。

IMG_1904.JPG
う〜む…
右は購入した芯に浸したもの。左は、Oさんの提案で乾燥させたヤチヤナギの枝に浸したもの。
ヤチヤナギは燃やしても煙が少ないのではないかという話で試してみた。
日本ではイグサなどが芯として使われてきたそう。畳を解体してやってみればよかったかなあ。

IMG_1911.JPG
なかなか進まないディッピングに業を煮やし、牛乳パックをくるりと丸めて作った型に脂を流し込んで作ってみた。
こちらは大成功!

IMG_1936.JPG
四角バージョンも。

IMG_1941.JPG
ご飯を囲みながら着火…!

IMG_1944.JPG
獣脂はハゼや蜜蝋のロウよりも品質が悪く、獣くさい臭いがあったり煙が出たりする…と聞いていたのだけれど、そんなこともなくちゃんと燃えた!
臭いはまったくなくはないけれど、獣くさいというほどではないと思う。

IMG_1945.JPG
ただひとつの欠点は…

IMG_1950.JPG
すぐに溶けてしまうこと!
一本、この長さで30分〜1時間くらいしかもたなかった。

IMG_1951.JPG
昔むかしの、原始的な蠟燭。
こんな明かりだったんだなあ…
すぐ溶けてしまう、とても貴重なものだったのだなあ…
と思いを馳せながら眺めた。


さて三月は味噌づくり。

IMG_1982.JPG
参加者さん全員のぶんを作るので、大量に豆を潰さなければならない。
ミンサーでつぶす、ブレンダーでつぶす、手でつぶす、などなど…ほうぼうで豆を潰しまくる。

IMG_1985.JPG
メンバーのNさんが手に入れてくれた大きなタライで麹や塩と混ぜ、味噌ボールに…

IMG_1984.JPG
「微生物が住むから」とせっかく杉の樽を買ったのだけれど、去年は結構カビがでてしまい、「これは木の樽だから乾燥して縮んだ味噌と樽の間に隙間ができ、空気にさらされた味噌にカビが出てしまうのでは…」という考察を経て、今年は漬物用ビニールで覆うことに。ビニールだったら湿度を保てるはず…

IMG_1986.JPG
子ども達に大人気のN君。お〜〜い、餃子食べちゃうよー。

これからはあまり会えなくなると思うとさびしいなあ。
本当は五月にでも山菜の会をやりたいのだけれど、出産を挟むので予定が立たない。
毎月企画して準備して…ということはできなくなるけれど、今後も、ぶらりと寄れる場所であれるといいな。
メンバーのみなさん、また会いましょう!




2017.04.18 Tuesday ... comments(0) / -
#Comment








<< NEW | TOP | OLD>>