page Muishkin

ぺーじむいしゅきん−北海道十勝の原野より

CATEGORY | ARCHIVE | COMMENT | PROFILE | LINK | SEARCH 
#近況いろいろ(やぎ・とり・その他)

近況。
ヤギたちは毛がモフモフになり、寒さもなんのその、雪の中へ繰り出して草をはむ。
乾草もカボチャもいいけれど、色々なものが食べたい、ということなのか。ちなみに乾草は、我々が今年一生懸命河川敷で(許可を得て)集めた草よりも去年Oさんにいただいた乾草の方が食べが良く、やはり品種や保管方法による栄養・美味しさの差は歴然といったところだろうか。

20161210_111548.jpg
原野育ちのモク(白)とランプ(黒)は毛がモッコモコ!
牧場で働いているSちゃんが、「冬でも放牧していると最初は辛いがだんだん毛がフサフサになってくる」と言っていたけれど、(おそらく)ぬくぬく育ったマヤよりも原野の風にさらされて育ったモク&ランプがモコモコ(密度が濃い)なのは、やはり育った環境と関係あるのだろうか?
ガラは去年、絶対に雪の中を歩こうとしなかったな…。

20161210_111032.jpg (運動場に風よけがついてあたたかくなった!去年は冬のみで撤去していたけれど、この冬の風に耐えてくれたら、通年でつけておこうかな)

鶏を一羽もらった。 6か月のコーチンのオス、ピチピチである。
我が家のオス1(コーチン)、メス3(ボリス)の群れに入れるとアンバランスになるのでお肉用だが、おとなしくて立派で性格が良いので、「食べてしまうのはかわいそう(もったいない)」という意見が浮上。
特に子どもたちがわいわい言うので、とうとうT氏が
「このオスはクリスマスに食べる! 名前はローストチキン!!」 と命名。

他の子たちは(ペットじゃなくて家畜で、いつか食べるから情がわかないようにと)名前がついていないのに、逆に名前をつけられることに…。

わたし「ローストチキンじゃないほうのオスもコーチンだけど、ローストチキンの方を食べる?」
T氏「こっちのオスはメスに餌を譲るし、何度もキツネの襲来を乗り越えているし、こいつの子孫を残した方が良いよ」
ローストチキンは若いし、抱いても逃げないし、なんだかかわいそうだなあと思うのだけれど、早くも「何日前に絞めるのがお肉が柔らかくなっていいんだろう?」「ローストチキンってことはばらさずにつぼ抜き(内臓を肛門から取り出す)しなきゃいけないからうまくやらないとね」など盛り上がっている。

20161210_110223.jpg
クリスマス(冬至祭)といえば、我が家では家族がそれぞれに贈り物をするのが慣わしになっているのだけれど、先日T氏に 「なにかほしいものある?」と聞いたところ
「特にないよ」という答えの後、
「フリクション(ボールペン)の替え芯がない」という答えが返ってきた。
「かっこいい部屋着があったら良くない?」
「別に要らないよ(にっこり)」

物欲がなさすぎる夫もこまりものだなあ…。
同じく物欲が少ないと思っていたわたしだが、ラピスラズリのピアスとか、エリザベートのDVD(ブラック版)とか、羊毛の帽子とかミルクパンとかたこ焼き器とか考えればいろいろ出てくるところをみると、まだまだ煩悩まみれなんだろう。

20161206_090734.jpg 今年は根雪になるのが遅かった十勝。ようやく真っ白世界に

IMG_1417.JPG いまさらながらニシン漬けも漬けて…

IMG_1433.JPG 今年はのんびりと年越し準備です。




2016.12.13 Tuesday ... comments(0) / -
#Comment








<< NEW | TOP | OLD>>