page Muishkin

ぺーじむいしゅきん−北海道十勝の原野より

CATEGORY | ARCHIVE | COMMENT | PROFILE | LINK | SEARCH 
#六月あとり
今年から始めた、自給を試みるサークル”あとりの会”。
手探り状態でのぞんだ初回は、8人で手づくり豆腐づくり!

IMG_0226.JPG

豆腐づくりは
/紊某擦靴親Δ鬚弔屬
△弔屬靴親Δ鮗僂討靴椶蝓豆乳とおからに分ける
Fζににがりを入れる
てζが分離したらおぼろをざるにあげる

という割とシンプルな工程なのだが、8人分(大豆1200g)を手作業のみで作る、となると楽ではない。

IMG_0218.JPG

試作段階では石臼びきがうまくいかず、「当日はすりばち持ってきてくださーい」と言っていたのだが、すりばちで潰すのも時間がかかり、最初から「駄目だったら”電気さまありがとう”って言いながらブレンダーでもいいんじゃない?」と言いながらの作業。

すり鉢じゃ粒が残っちゃうね(おからはおいしそうだけど〜)
もう一度石臼でトライしてみる?

豆をそのまま石臼に入れるとうまく回らない(大きすぎて石臼の隙間に入っていかない)ので、まずAさんがマッシャーでつぶし→Yさんがすりばちで粗挽きにして→Nくんがごーろごーろと石臼を回す。
そのままでは石臼に大豆が貼りついて回らない&出てこないので、家じゅう探し回り衣装ケースを持ってきて、石臼の入り口から水を投入して水と共に豆を挽き、やっとふわふわクリーム状の豆に。
「これは豆腐な感じ!!」

IMG_0220.JPG

その間にぐらぐらと豆のつけ汁を沸かす…。
この火は子どもたちがつけてくれた。ミニかまどはつくるのも簡単だし、子どもでも扱えるサイズでとても便利!
Eくんと火の番をしつつ立て札用の木を探す(「文字の書かれていないやつ」というわたしのリクエストによる彫刻看板、次回造形作家のOさんに仕上げてもらって立てる予定)。

一時間でできると思っていた豆腐作り、わたしが甘すぎたようで「このままじゃ開拓タイムがとれないよ〜」と言っていたら、KさんとT氏が草刈りに行ってくれた。笹だらけの原野にあとりの領土が出現。感謝!!

IMG_0224.JPG
(これがふわふわの生呉!)

このあと、温度計が壊れて温度管理が勘だのみになったり、にがりを入れるタイミングを間違えて豆腐にならなかったり、力を合わせてあつ〜い呉をしぼったり、がんばりすぎて菜箸が折れたり…とまあ色々ありながら、豆腐が無事に完成。
女性陣、特に経験者のSさんが赤ちゃんを背負いながらてきぱき動いてくれたおかげ!

IMG_0228.JPG

音更大袖振大豆の完全てづくり豆腐、日高山脈伏流水の塩素無添加・井戸水で!
味はふっくらと甘く奥行きがあり、豆の味が濃くて、とてもとてもおいしくできた。

IMG_0230.JPG

お昼は持ち寄りランチ。いただきま〜す!
男性陣はお料理だいじょうぶかな?と思ったけれど、手づくり燻製にスイーツ、その場で牛乳豆腐づくりもあってどれもおいしかった〜

今回は話せなかったけれど、次はこれから何やりたい?土地をどうやって使う?なんてことも話したいなあ。
現在、今回来られなかった入会希望者さんを入れると会員予定数が16名(大人)になるのだけれど、これ以上多くなるとコモンハウス(つまり家)に入らなくなってしまうし、大人数だとまとまりがなくなってしまうので、募集はいったん停止した方がいいかも…

シニアの方については、自給・開拓・物づくりに関心があり、第三日曜日はだいたい来られるかな〜という方、もう少し募集していますので、興味あるという方はrousokumori@aol.jpまでご連絡ください!
シニアじゃない方も、自給や開拓への熱意のある方にはぜひお会いしたいので、ご連絡お待ちしていまーす。

IMG_0235.JPG

七月は「酵母のフシギ」ってことでいろいろな天然酵母を育ててパンを焼き、菌たちの不思議にせまる予定! もちろん開拓もがんばるぞー!



2015.06.22 Monday ... comments(0) / -
#Comment








<< NEW | TOP | OLD>>